いくらのピッツァ【試作ッツェリア】

こんにちは!試作中のピッツァを公開するコーナーです。

今回は、いくらをのせたピッツァをつくってみました。

出来上がる直前がこちら、いくらは最後にまぶしていきます。

完成!

試食します、、

いくらモッツァレラうまい!

やはりいくらのあのトロっと滑らかな舌触り・喉ごしと、噛んだ時のプチっとした食感はユニークで、モッツァレラとの相性も良好。

これはいくらを使った面白いピッツァができそうな気配です。乞うご期待!

きのこ(松茸、シイタケ、マイタケ、エリンギ、シメジ)のピッツァ【試作ッツェリア】

9月も中旬、だんだんと秋の雰囲気も強まってきましたね。

「秋」といえばやっぱりきのこ!ということで、松茸、シイタケ、マイタケ、エリンギ、シメジを使った「きのこのピッツァ」を試作しました。

見た目が結構きのこきのこ🍄してますね^^

やはりきのこということで季節感もあり種類も色々で、最初の試作ながら満足感のある出来。サルシッチャを加えたことも味覚、食感の良いアクセントになってくれたようです。

これは、近いうちに新作ピッツァとしてお披露目できそう。乞うご期待!

ぶどうとウニのピッツァ【試作ッツェリア】

今回よりピッツァの試作コーナーを【試作ッツェリア】としましたので、以後よろしくお願いします。ということで、今回は「ぶどうとウニを使ったピッツァ」を試作しました。

ぶどうとウニ、少し変わった組み合わせですが、これらを具材にするかに至った理由は、

シェフの思いつき?^^

みなでおそるおそる食べてみると、、

これが意外なおいしさで、一同うなりました。

さらに具材等を練り込むと面白いピッツァになりそうな予感…!ぜひ完成を楽しみにしていてくださいね^^

アワビのトロンケット

新しいトロンケット(包み焼きピッツァ)を試作、今回はアワビを使ったものを考えてみました。

使用具材はアワビとタマネギ、バジルを使ったソースです。

なかなか良い食べごたえですが、肝心のアワビの味が周りにおされつつあったので、もう少しアワビを引き立てる工夫が必要なようですね。

うなぎのトロンケット

前菜としてお出ししている包み焼きのピッツァ、トロンケット。今回、うなぎを使用したものを試作しました。

うなぎとチーズと山椒に、コーンも足してみましたが、ほかの具材と馴染んでいましたのでコーンを使うのもありですね^^

うなぎの味はしっかり主役してますし、最初の試作から完成度が高く仕上がりました。

これは、、早々にデビュー?!ぜひ、うなぎのトロンケットもお楽しみに!

岩牡蠣〜シャンパンゼリーがけ〜

兵庫県産の岩牡蠣が入荷しました。

この時期しか食べられない岩牡蠣をさっそくシャンパンゼリーがけで試作。

牡蠣そのものが素晴らしく、ゼリーの主張をもうほんの少し抑えるだけでとても良い感じに仕上がりそうです^^

ピッツァ生地でつくったストゥッツキーノ

コースのストゥッツキーノ、付け出し、アミューズ的なものとしてつくってみました。

ピッツァ生地を薄く焼いてクラッカー風にし、自家製のサワークリームとカルーガクイーンキャヴィアをのせてます。

お客様からの反応も上々、シャンパンやスパークリングとの相性も良く仕上がったようです。何よりピッツァ生地でつくるレパートリーが増えるのは嬉しいものですね^^

カルツォーネ版メキシカーナ

季節限定枠にラインナップした「メキシカーナ」!カルツォーネ(包み焼き)版も試作しました。

通常版に比べ、直接熱の当たらない中の具材の食感が今イチな気がします。ピッツァフリッタのようなこぶし大のサイズにしてみるなど、手を加えるとより面白くなりそうな気配を感じるのですが、、、ちと試行錯誤が必要のようです。

白桃と24ヶ月熟成サンダニエーレの冷製パスタがラインナップ

季節ならではの素材を使った、夏のパスタの4作目「白桃と24ヶ月熟成サンダニエーレの冷製パスタ」がラインナップ!

これから旬を迎える白桃をメインに、24ヶ月熟成の生ハム“サンダニエーレ”とバジルの香りを添えました。

夏のパスタ1〜3

柑橘とブラッティーナ、キャヴィアの冷製タリオリーニ

冷製フルーツトマトとブラッティーナのタリオリーニ

宮崎産鮎と大原ズッキーニのオイルソース

ホワイトコーンのピッツァ

こんにちは!

今回ご紹介する試作ピッツァは、ホワイトコーンを使ったピッツァです。コーンを使ったピッツァは定番なだけあって安定のおいしさで、ホワイトコーンは優しい感じの味わいですね。

もうほぼほぼラインナップに加わる予定ですが、ホワイトコーンか黄色いコーンか、細かい具材などをもうちょっと煮詰めてみようと思います。